ZabbixでWindows Server 2019のリソースを監視する手順(CPU、メモリ、ディスク使用率)

Taikiです。


今回は、Zabbix でWindows Server 2019のリソースを監視する手順を紹介したい。
事前準備として、Windows Server 2019にZabbix Agentを追加する手順は、前回の記事を参考にして頂きたい。
www.mytaikiblog.com

前提条件

システム要件

CentOS 8.2
Apache 2.4.37
PHP 7.2.24
MySQL 8.0.21
Zabbix Server 5.2.0
Zabbix Agent 5.2.1
Windows Server 2019 Datacenter Evaluation

用語

ホスト:監視対象の機器(今回はWindows Server 2019)
アイテム:監視項目(死活、CPUメモリ、ディスクのリソース)
テンプレート:複数の監視項目をまとめた単位
ホストグループ:画面表示やテンプレートリンク設定、アクションの振り分けを行う単位

設定要件

Zabbix Server:192.168.1.12
Zabbix Agent:192.168.1.100
ホスト名:Host
グループ名:Group
テンプレート名:Template
アイテム名①:ディスクの使用率
アイテム名②:CPU使用率
アイテム名③:メモリ使用率

ホストの作成

手順:「設定」 → 「ホスト」 → 「ホストの作成」

  • ホスト名:Host
  • グループ:Group
  • インターフェース・エージェント:192.168.1.100

f:id:vtaiki:20201230112000j:plain

テンプレートの作成

手順:「設定」→「テンプレート」→「テンプレートの作成」

  • テンプレート名:Template
  • グループ:Group

f:id:vtaiki:20201230112030j:plain

アイテムの作成

手順:「設定」→「テンプレート」→ 「テンプレートの作成」→「アイテム」→「アイテムの作成」

ディスク使用率

  • 名前:ディスクの使用率
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[C:,pused]
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

f:id:vtaiki:20201230112052j:plain

CPU使用率

  • 名前:CPU使用率
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:system.cpu.util
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

f:id:vtaiki:20201230112111j:plain

メモリ使用率

  • 名前:メモリ使用率
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vm.memory.size[pused]
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

f:id:vtaiki:20201230112132j:plain

以上、3つのアイテムを作成しました。
f:id:vtaiki:20201230112350j:plain

ホストとテンプレートの対応付け

手順:「設定」→「 ホスト」→「 Host(対象ホスト)」→「テンプレート」

  • 新規テンプレートをリンク:Template(対象テンプレート)

f:id:vtaiki:20201230112407j:plain

最新データで動作を確認

手順:「監視データ」→「最新データの確認」

  • ホストグループ:Group(対象グループ)

f:id:vtaiki:20201230112448j:plain

ダッシュボードにグラフを追加

手順:「監視データ」→「ダッシュボード」→「ダッシュボードの作成」→「ウィジェットの追加」

  • タイプ:グラフ
  • 名前:デフォルト
  • リフレッシュ間隔:標準1分
  • ホストパターン:Host(対象ホスト)
  • アイテムパターン:ディスクの使用率、CPU使用率、メモリ使用率

f:id:vtaiki:20201230112507j:plain

参考ブログについて

リソースの監視設定は、「ネットワークチェンジニアとして」様のブログをを参考にさせて頂きました。
changineer.info